樹状細胞ワクチン療法でがんと闘おう【健康な体に戻すために】

第4の治療法

がん治療と言えば、外科手術や放射線をあてる治療、そして抗がん剤を投与する治療がよく知られています。その3つに次いで「樹状細胞ワクチン療法」という治療法が、第4の治療法として注目を集めています。

樹状細胞ワクチン療法の種類

  • 人工抗原樹状細胞ワクチン療法
  • 局所樹状細胞ワクチン療法
  • 自己がん組織樹状細胞ワクチン療法

樹状細胞ワクチン療法でがんと闘おう【健康な体に戻すために】

男女

樹状細胞を増やすための治療法

体内でがん細胞が増えすぎてしまった場合、樹状細胞が対応しきれずにがん細胞がより増えてしまうことがあります。樹状細胞ワクチン療法は、その問題を解決するために開発された治療法で、体外で樹状細胞を培養・増殖させてから体内に戻します。

女医

患者への負担が少ない

がん細胞は、元々体内にある正常細胞が変異したもので、樹状細胞でもそのがん細胞を認識するのは難しい場合があります。そのため、がん組織や人工的に作られたがん抗原を、樹状細胞に覚えさせる必要がありました。がん細胞を覚えた樹状細胞は、正常細胞を傷つけることなくがん細胞を攻撃するため、患者にやさしい治療だと言われています。

診察

がん組織が採取できなくても大丈夫

容体が悪い場合や、既にがん組織を手術で摘出している場合などは、がん組織を採取できないことがあります。しかし、人工的にがんの目印を作ることで、樹状細胞にがん細胞を覚えさせることができます。

樹状細胞ワクチン療法の特長

患者と看護師

患者一人ひとりに合わせた治療ができる

がんの種類や治療経過、容体をチェックし、それに合った治療計画を立てることができるため、最適な治療を行うことができるのです。がんの目印を樹状細胞に覚えさせるときには、患者自身のがん組織を使用したり、人工抗原を使ったりと患者に合った方法を用いることができます。

入院しなくてもいい

がん治療の中でも身体に負担の少ない治療法なので、入院せずに通常の生活をしながら治療を進めていくことができます。樹上細胞ワクチンの投与は3~4か月の間、2週間に1度くらいのペースで行います。

他の治療と併用可能

がんの種類によっては、抗がん剤や放射線治療、手術などの治療と相性がいい事もあるので、これらと併用するとより高い効果を得ることができるでしょう。手術で取り除けなかった癌細胞があったとしても、樹状細胞ワクチン療法を行うことで、がん細胞の排除が期待できる場合があります。

転移したがんにも有効

がん治療の1つのである、樹状細胞ワクチンのすごさはこれだけではありません。がんの目印を覚えた樹状細胞は、それをリンパ球に伝えます。そして、そのリンパ球が体内を巡り、がん細胞を攻撃するのです。この攻撃により、がん細胞が排除されるという流れになっています。そのため、がんが転移してしまった場合にも有効的な治療法であると期待されているのです。

広告募集中